戻る

ハイレゾの再生方法 (Win)

Live Extremeを使った今回の配信をPCで再生する場合は、ChromeやSafariなどウェブ・ブラウザを利用します。音声は特別な設定なしに高音質再生可能ですが、コンピュータ(OS)のオーディオ設定を適切に設定することで、より原音に忠実な高品位での再生が可能です。

  • 1

    USB-DACなど外部オーディオ・デバイスを使用したい場合は、あらかじめコンピュータに接続しておきます。

  • 2

    [スタート]ボタンを右クリックして[設定]を選択します。

  • 3

    [システム]→[サウンド]→[サウンド コントロール パネル]を開きます。

  • 4

    [再生]タブの再生デバイス・リストの中に、再生に使用するオーディオ・デバイスが表示されていることを確認します。再生に使用するオーディオ・デバイスのアイコンにチェック・マークが表示されていない場合は、右クリックして、[既定のデバイスとして設定]を選択します。

  • 5

    再生に使用するオーディオ・デバイスのアイコンを再度右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

  • 6

    音質面からは、[レベル]タブの各チャンネルの音量を最大値(100)に設定する方が有利ですが、外部アンプ等で音量を制御することができない場合は、ここで最適な音量まで下げます。

  • 7

    [詳細]タブの[既定の形式]から、以下のフォーマットを選択します。
    A. チャンネル数: 2チャネル
    B. ビットの深さ: 24ビットや32ビットなど、なるべく大きい数値を選択
    C. サンプルレート: 再生したいコンテンツと同じサンプリング周波数を選択

    オーディオ・デバイスによっては、[詳細]タブが表示されなかったり、この画面でサンプルレートを変更できないものがあります。該当する場合は「サウンドコントロールパネルからサンプルレートを変更できない場合」を参照してください。

  • 8

    [OK]ボタンを押して、プロパティ画面を閉じます。

  • 9

    [OK]ボタンを押して、サウンドコントロールパネルを閉じます。

サウンドコントロールパネルからサンプルレートを変更できない場合

オーディオ・デバイスの中には、上記「サウンドコントロールパネル」からサンプルレートを変更できない場合があります。その場合は、製品専用のコントロールパネルからサンプルレートを変更します。

KORG DS-DAC-10, DS-DAC-100, DS-DAC-100mをお使いの場合

オーディオ・デバイスの中には、上記「サウンドコントロールパネル」からサンプルレートを変更できない場合があります。その場合は、製品専用のコントロールパネルからサンプルレートを変更します。

  • 1

    [OK]ボタンを押して、サウンドコントロールパネルを閉じます。

  • 2

    Modeから[PCM]を、Sample Rateから再生したいコンテンツと同じサンプリング周波数を選択します。

KORG DS-DAC-10Rをお使いの場合

  • 1

    [スタート]ボタンを押して、プログラムの一覧から[Windows システム ツール]→[コントロール パネル]を開きます。

  • 2

    [KORG 2ch 1bit Audio Driver]を開きます。

  • 3

    Sampling Rateから再生したいコンテンツと同じサンプリング周波数を選択します。

KORG Nu Iをお使いの場合

  • 1

    [スタート]ボタンを押して、プログラムの一覧から[Windows システム ツール]→[コントロール パネル]を開きます。

  • 2

    [KORG Nu I Control Panel]を開きます。

  • 3

    [ASIO/WDM]タブの SAMPLING RATE から、再生したいコンテンツと同じサンプリング周波数を選択します。

それ以外のオーディオ・デバイスをお使いの場合

各メーカーにお問い合わせください。